矢印

離職率が一気に減る!ずっとここで働きたいひとを増やす講演

世界で256万部発行
『伝え方が9割』
著者・佐々木圭一がお伝えする
企業講演&企業研修

伝え方が9割

過去実績400社以上(順不同)

「社員の離職」に悩んで
このページにたどり着いた方に
朗報です!!

こんなお悩みありませんか?

  • 部下と噛み合わない。

    どうにかしないと

    辞めてしまいそう。

  • 若手と管理職が

    すれ違っている。

    若手が辞めないか
    心配。

  • 社員がすぐに
    辞めてしまう。

    根本的に
    解決したい。

  • 社内の
    雰囲気がよくない。

    ストレスや不満が

    増えているかも。

無料相談はこちら

突然ですが
従業員の離職理由は、給与?待遇?いえ、
「上司との人間関係」がNo.1
ということ、ご存知でしたか?

離職理由の本音ランキング
つまり...

離職のお悩み、
「伝え方」で解決できます!

あなただけに伝えたい
離職率を下げる、たった一つの方法。
それは、管理職やマネジメント層の
コミュニケーション(伝え方)を変えるだけ!
伝え方の技術は、一生モノ。
「離職者がでたら採用」をくり返すよりも
圧倒的に費用対効果が高いんです。

伝え方が9割

世界で256万部発行!
年間No.1のビジネス書
『伝え方が9割』の技術を
著者が直接レクチャーします。

講師
佐々木圭一
1972年9月30日生

コピーライター

トリンプ、アジエンス、
プレイステーション、
三菱地所などを担当。

米国の広告賞で日本人初ゴールド受賞。
カンヌ広告祭でゴールド受賞。
アジア国際効果広告賞で日本初グランプリ。
国内外の賞を55回獲得。

作詞で、オリコン1位2回。CHEMISTRY, 郷ひろみ

とはいっても…

「伝え方を変えるだけで、離職率って下がるの?」
そう思われるのも、無理はありません。

「うちの社員も、コミュニケーションに気をつけているはず」
というお気持ちも、よくわかります。

管理職の方必見!

日々のお仕事の中で
こんなコミュニケーションを
していませんか?

部下に積極的に動いてほしい!とおもって

「指示を待つんじゃなくて
自分から動いてくれない?」

と言っている

部下に急ぎの仕事をお願いしたい!とおもって

「この仕事、急ぎで取りかかって!」

と言っている

部下に「報連相(報告・連絡・相談)」をしてほしい!とおもって

「正確に報告して!」

と言っている

もし3つのうち、1つでも当てはまる場合は
知らないうちに、離職率が上がっているかも。

皆さんが日々何気なく行っているコミュニケーション
実は、社員のモチベーションを下げてしまっているんです。

では、どうやって上司や部下と
コミュニケーションをとれば良いのでしょう?

解決法は、
「伝え方が9割」講演
にアリ!

驚くかもしれませんが、
「伝え方」を磨けば、社員の離職率は下げられるんです。

無料相談はこちら

離職率が一気に減る!
「ずっとここで働きたい」
を増やす講演

(「ノー」を「イエス」に変える技術講座)

  • 講演中の佐々木圭一

    確認のお願い、報告のお願い、改善のお願い…
    実は、ビジネスって「お願い」で出来ています。
    ここでつまずくと、人間関係が乱れ、ストレスや不満の原因に。
    さらには、人がやめてしまうことも。
    「人がやめていく」企業体質になると、
    育成コストや採用コストがかさみ、経営をむしばみます。
    そうなる前に、「上手にお願いする力」を身につけ
    そもそも「人がやめない」企業体質に変えていきませんか?

  • だから、「職場が好き」な社員が増える!

    1. 業務上のお願いで、「イエス」をもらう確率がアップ!
    2. 上司や部下まで、 意思疎通がスムーズに!
    3. 「伝え方」による、ささいな すれ違いがグッと減る!
    4. 人間関係を理由に辞める人を、減らせる!
  • 講演パッケージ

    90
    1. ビジネス書売上年間1位のメソッド

      ビジネス書売上
      年間1のメソッド

    2. 導入実績

      導入実績400社以上

    3. 99
      「仕事の役に立つ」と回答
      ※携帯会社最大手A
      店舗スタッフへの講演にて

    ■ 前半 座学

    伝えベタだった私が、どうして変われたのか?

    心を動かすコトバには法則がある

    相手がやりたくなるように伝える

    「ノー」を「イエス」に変える技術

    「イエス」に変える3つのステップ、7つの切り口

    ■ 後半 ワークショップ

    受講者が仕事現場で、「こんなとき、何と言えばいいか?」
    と思うことを、事前アンケートでお伺い。

    講演専任の担当者が、丁寧にヒアリングします。

    御社のシチュエーションに合わせて課題をカスタマイズ。

    オリジナルの課題で社員がその日から使えるワークショップをいたします。

あらゆる現場で「伝え方」が学ばれています!

受講いただいた企業さま報告

産学官とわず、400社以上の過去実績があります。

NHK/トヨタ自動車/みずほ銀行/みずほ総研/りそな総研/ドコモ/ソフトバンク/楽天/ 東武鉄道/伊藤忠商事/キャノン/NEC/サントリー/日立製作所/日本公文教育研究会/ 野村不動産/三井不動産/日清食品/小林製薬/東急建設/大塚商会/東京ガスリース/ 大丸松坂屋百貨店/阪急阪神百貨店/東京海上日動火災保険/東京海上日動あんしん生命/ 三井住友海上プライマリー生命/ソニー生命/プルデンシャル生命/オリックス生命/ メットライフ生命/ミス•パリ•グループ/ノバルティスファーマ/アメリカン・エキスプレス/ デロイトトーマツ/オラクル/フォルクスワーゲン/ダイヤモンド社/ リクルートマーケティングパートナーズ/日本経済新聞社/東洋経済新報社/マイナビ/ ワタナベエンターテインメイト/エイベックス/ユー•エス•ジェイ/福岡県/福井県/ 厚生労働省/警視庁/オリンピック組織委員会/横浜新都市脳外科病院/日本赤十字社/ 東京大学/九州大学/一橋大学/早稲田大学/ など

※楽天新春カンファレンスにて、満足度5点満点中 4.7を出して1位獲得

無料相談はこちら

導入企業さまのリアルな声

離職率が減らず、悩んでいたときに「伝え方が9割」講演をお願いしました。
「本当に変わるだろうか…」と思っていましたが
その日から「伝え方」の技術を使う社員が増え、
社内の雰囲気がよくなったのを感じました。
そのおかげか、受講した社員から離職した人はいません。

(アパレル)

新入社員だと、どうしても最初は教える場面が多く
どう伝えれば嫌な感じにならないか、悩んでいました…。
そこで、ささいな内容でも、「伝え方」の技術を使うよう心がけてみました。
すると、積極的な質問や報連相が増え、
新人とのコミュニケーションが楽になりました。

(IT)

せっかく育てた若手〜中堅社員が、辞めてしまうので
本当に困っていました。講演を受けて、
彼らの成長をしっかり言葉で伝え切れてなかったと反省。
「伝え方」の技術で些細な褒めや感謝を伝えるようにしたところ、
離職率が下がり、社員のモチベーションが上がりました。

(飲食)

なんとか純利益を上げたくて、高価格な商品を提案するも断られるばかり…。
受講後、伝え方の技術の「相手の好きなこと」を使って再提案したら、
なんと契約成立!商品の中身を一切変えていないのに、
伝え方だけで成功したんです!

(カーナビメーカー)

クライアントさまを呼んだ講演会は満席の大盛況でした!
いっしょに参加した社員も大満足でした。佐々木様の実体験に基づくお話が、クライアントさまの心に響いたみたいで、事後のアンケートを取ったところ、とても満足度が高い講演となり、感謝しています。

(サービス)

「これだ!」と思って、社員にも書籍を配り「伝え方の技術」を徹底しました!
前月と比べ、売上が20%もUPしたんです!
「え!コミュニケーションを少し変えるだけで、こんなにも変わるんだ!」
と驚きました。

(人材サービス)

たいへん多くの社員から『本当に良かった!』
『もっと、聞きたかった!』『今後のビジネスに役に立つ!』

など、嬉しい声が沢山とどきました!
今日学んだ技術を、ビジネスでも実践していきたいです。

(通信関連)

室長、補佐が「研修、すごく良かったよ~」と喜んでくれました!
シャイな参加者ばかりで心配だったのですが、
積極的な姿が見れてビックリ!
次の日の朝イチから、研修の話題で盛り上がっています。

(省庁関連)

ひとり辞めると
約650万のコスト。

辞めた人をここまで育てたコスト約200万
新しい人材の採用コスト約250万
新人を同じまで育てるのに約200万かかる。
と、言われています。
出ていくお金と人、今なら止められます。
「伝え方が9割」講演なら
離職の根本原因がわかるだけでなく
そもそも「人が辞めない」企業に改善できます。
一度の講演で、離職率が下がる。
そんな体験ができるのは、
「伝え方が9割」講演だけ。
ぜひ、お問い合わせください。

無料相談はこちら