矢印

株式会社ウゴカス
ウゴカス

日本人の、コミュニケーション能力をベースアップさせる。

日本がつくりだすサービス/製品は、世界トップレベル。
しかし、そのよさが十分に伝わっていません。
伝え方はセンスではなく、技術です。誰でも学ぶことができます。
社員の伝え方がレベルアップすれば、会社のビジネスが円滑にまわりだすだけでなく、経済を好転させる原動力になります。
株式会社ウゴカスは、「広告と人材開発を融合したアプローチ」から、クライアントを強くします。

佐々木圭一

佐々木圭一 コピーライター 作詞家 上智大学非常勤講師

上智大学大学院を卒業後、1997年博報堂に入社、
2014年クリエイティブブティック「株式会社ウゴカス」を設立。
もともと伝えることが得意ではなかったにもかかわらず、新人時代コピーライターとして配属され苦しむ。コピーを書いても採用されない毎日。「紙のむだづかい」という意味で、つけられたあだ名は「最もエコでないコピーライター」。
ストレスから1年間で体重が15%増、アゴもなくなる。
あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。 後に、スティーブ・ジョブズおかかえのクリエーター、リー・クロウのもと、米国で2年間インターナショナルな仕事に従事。

日本人初、米国の広告賞「One Show Design」で金賞を獲得(Mr.Children)。
カンヌ国際クリエイティブアワードにて、金賞を含む計6つのライオンを獲得するなど、合計55のアワードを入賞受賞。
郷ひろみ・Chemistryの作詞家として、アルバムオリコン1位を2度獲得。
著書『伝え方が9割』はビジネス書年間NO.1を獲得。※紀伊國屋書店新宿本店調
日本のコミュニケーション能力をベースアップさせることを、ライフワークとしている。

佐々木圭一受賞歴・記録

  • 『伝え方が9割』シリーズ100万部突破 2017
  • 中国でビジネス書ナンバー1 ※当当網調べ『伝え方が9割2』2016
  • 史上初3年連続年間ベスト10入り『伝え方が9割』2015
  • 史上最高 ビジネス書初版部数『伝え方が9割2』2015
  • ビジネス書年間ナンバー1『伝え方が9割』※紀伊国屋書店新宿本店調2013
  • Cannes Lion: Gold 2014
  • CM総合研究所:ブランド・オブ・ザ・イヤー2014
  • GLOBE AWARDS 2014:GOLD
  • ビジネス書大賞2014 総合1位
  • Globe Award Gold 2014
  • Ad Stars: Gold 2014
  • Ad Stars: Silver 2014
  • Ad Stars: Bronze 2014
  • Adfest: Silver 2014
  • Adfest: Bronze 2014
  • JPMプランニング賞:ベスト・プロモーショナル・クリエイティブ賞
  • Cannes Lion: Silver 2013
  • Cannes Lion: Bronze 2013
  • Spikes Asia: Silver 2013
  • Cannes Lion: Silver 2012
  • Cannes Lion: Bronze <2 projects> 2012
  • New York Festival: Silver 2012
  • Adfest: Gold <2 projects> 2012
  • Adfest: Silver 2012
  • Spikes Asia: Silver <2 projects> 2012
  • DuPont Awards: Silver 2011
  • 環境大臣賞 2010
  • AIM award: Grand Prix 2010(全アジアで1番)
  • AIM award: Gold <3 projects> 2010
  • AIM award: Silver 2010
  • Worldwide Marketing & Commercial: Gold <2projects>2010
  • Worldwide Marketing & Commercial: Finalist 2010
  • 博報堂社長賞<2 projects>2010
  • ACC: Finalist 2010
  • The Don Belding Award: Bowl 2006(日本人初)
  • ONE SHOW: Bronze 2005
  • ONE SHOW: Merit <3 projects> 2005
  • New York Festival: Silver <2 projects> 2005
  • ADC USA: Merit 2005
  • ADC USA : Distinctive merit 2004
  • CLIO: Finalist 2004
  • ONE SHOW: Gold 2003 (日本人コピーライター初)
  • New York Festival: Silver <2projects> 2003
  • Asia Pacific Advertising Award: Bronze 2003
  • Cannes Lion: Short List <2 projects> 2003
  • カタログポスター展: Special Award 2003
  • 宣伝会議年間ベスト: Grand Prix 2002
  • New York Festival: Bronze 2002
  • TCC: 新人賞2002
  • ACC: Bronze 2001
  • 朝日広告賞: Divisional 2001
  • AC Radio Advertising Award: 2000
  • Nikkei Advertising Award: 1999
  • JR東日本ポスターグランプリ:審査員特別賞 1999
  • JR東日本ポスターグランプリ: Bronze 1999
    など
メディア出演

メディア出演

TBS.情熱大陸/日テレ 世界一受けたい授業/日テレ スッキリ/ TBS 王様のブランチ/フジテレビ ネプリーグ/テレビ朝日 お願いランキング 日経新聞/産経新聞/プレジデント/週刊ダイヤモンド/その他多数

詳しい出演履歴はこちら

ウゴカスのメンバー

  • 吉野 永里子 プランナー

    吉野 永里子プランナー

    秘書、イラストレーター、プランナーなど、幅広い業務に携わっている。
    イラストレーターとしては、『anan』(マガジンハウス) 、『心に届く話し方65のルール』(ダイヤモンド社)などでイラストを担当したほか、 大手不動産会社のラウンジキャラクターのデザインを担当。

  • 藤榮 卓人 プランナー

    藤榮 卓人プランナー

    東北大学法学部卒業。
    楽天株式会社でWebマーケティングやサイト制作に携わったのち、ウゴカスにジョイン。 キャッチコピーやネーミング、スローガンなどコトバの開発や、プロモーション企画の立案など、広告制作全般に携わっている。また、ウゴカスのサイト制作も担当。

  • 高橋 伊津美 プランナー

    高橋 伊津美プランナー

    昭和大学大学院薬学研究科卒業。
    薬局、ドラッグストアでの実務経験をいかし、母校薬学部にて講師として勤務。
    薬剤師・登録販売者への研修講師を8年経験。知識はあるのに、うまく伝えられていない人が多いという現状を変えたいと思い、ウゴカスにジョイン。現在、伝え方講師として、企業・行政向けに講演中。

  • 末岡 真理子 プランナー

    末岡 真理子プランナー

    知的財産管理技能士として一般社団法人を経営し、知的財産権の管理や教育に関する仕事に携わっている。
    ウゴカスではプランナーとして勤務している他、著作権・商標権など知的財産権の管理も担当。伝え方の技術を学生の頃からもっと身につけられる国になるように奮闘しているウゴカスに感銘を受け、伝え方を学びながら楽しく働いている。

  • 辻井 葉子 プランナー

    辻井 葉子プランナー

    立教大学文学部卒業。
    これまでライターとして、ファッション誌の取材、ガイドブックの編集、クリニックのHP制作等に携わる。
    ピンクリボンフェスティバル コピー部門入賞。
    生活者の視点で新しいアイデア、クスリと笑える言葉を生み出すことが得意。それらを駆使して、広告制作や「伝え方の技術」を日本中に広めるミッションに奮闘中。

ウゴカスの社会貢献

学校講演(無料)

学校講演

小学3年生から大学生までを対象とし、毎月1回無料にて「伝え方」の講演を行っております。 日本の学校では「伝え方」という授業はありません。ですが、アメリカでは小学3年生からあり、明らかに「伝え方」は学問として学ぶことができます。学生のうちに、「伝え方」を知っておけば、そのあとの就職、恋愛、家族関係など、もっと良くしていくことができます。日本の未来を担う子供たちに、学校の勉強だけでは得られない技術を伝授させていただきます。

学校講演の詳細はこちら

識字率の向上

● アルファベット表の配布

アルファベット表の配布

著書『伝え方が9割』の印税の一部で、世界の子どもたちの識字率向上のために「アルファベット表」を配布する活動を行っております。
現在は、NPOを通じて合計64の小学校に配ることができました。
子どもたちは、コトバを手に入れることで将来、職を手に入れるチャンスができます。
みなさんからのコトバのプレゼントは、今も学校や子どもたちの家に貼られ、彼らの未来をそっと見つめています。

● 図書室の寄贈

図書室の寄贈

著書『伝え方が9割②』の印税の一部で、カンボジアの学校に図書室を寄贈しました。
『伝え方が9割②』を買っていただいた皆さまは、子どもたちに図書室をプレゼントした一人です。
本を読む楽しさを知った子どもたちは、毎年毎年育っていくことでしょう。